極上フェイシャルエステは大阪天王寺のe-jewel(イージュエル)

ブログ & ニュースblog & news

2020/07/29
フェイシャル

真夏の肌


真夏の肌


気温・湿度の上昇により、汗や皮脂量が増える8月。一見うるおっているように感じてしまいがちですが、油断大敵! 紫外線や汗、クーラーなどは肌表面の保湿機能の低下を招きやすく、乾燥の原因となります。汗を拭くことで、乾燥が加速してしまうこともあります。




乾燥にさらされた皮ふは、気づかぬうちに水分が奪われ、肌表面の角層の水分量が保てない状態になります。肌に水分が足りないと、本来は肌自らつくり出している保湿成分がうまくつくられず、肌のバリア機能も低下してしまいます。その結果、肌トラブルが起きてしまうことも。

なぜなら、肌表面の角層の水分が足りない状態が続くと、私たちの肌は新しい細胞を早くつくってダメージを受けた角層を修復しようします。とてもありがたい機能に思えますが、肌を守るためにターンオーバー(肌の生まれ変わりのサイクル)を急ぐあまり、未熟な細胞がどんどん作り出されてしまいます..。結局、不完全な角層では水分をキープしづらく、再び肌荒れが起こる...という負のスパイラルに陥ってしまうのです。

つまり、乾燥とは無縁と思いがちな真夏の時期でも、健康な肌をつくるために、うるおいケアをポイントにしておきたいところです。



強い紫外線にさらされる8月は、メラニンが過剰に生成され、「日焼け、シミ・そばかす」が目立つようになります。また紫外線を浴び続けると、肌内部のコラーゲンなどがダメージを受け「ハリのなさ」などが気になる人も...。暑さから皮脂の過剰な分泌により、「ベタつき」「毛穴の開き」「ニキビ」「化粧崩れ」などの悩みも多い時期です。


オススメケア




①紫外線は朝から降り注ぐ「年中紫外線対策」

紫外線対策は1年中を通して行うのが基本、日焼け止めまでを毎朝の習慣にしましょう。洗濯干しやゴミ出しの時にも紫外線の影響が、少しずつでも積み重なれば大きいものになります。

②汗に負けない「こまめに押さえる」

汗は、優しく押さえて拭くが基本。ごしごし擦らないで!そして、拭いたら日焼け止めを優しくトントンと塗りなおしましょう。汗を優しく押さえるため、濡れた小さめタオルをジップロックに入れて持ち歩くのもおすすめ。

③うっかり日焼けの対処法「冷タオルで鎮静」

日焼けは、一種のやけどと同じ。火照った肌は、まず冷タオル等で冷やして火照りを鎮めましょう。洗面器に水を張りペパーミント精油を1滴、そこにタオルを入れて適度に水気を絞り、ビニール袋に入れて冷蔵庫に冷やしておくと、帰宅時やお風呂上りの火照りを鎮めるのに使え、アロマの香りと作用でより涼やかで気持ちいいですよ。

④水分・油分のバランスを整えて「美肌の土台」

汗がたくさん出ると肌は潤っているように感じますが、カラダも肌も乾燥が進んでいます。また、夏は化粧水などで水分補給だけという方もいますが、肌ダメージを受けにくい健やかな肌には水分と油分のバランスが大切!その土台がしっかり整っていれば、多少の日焼けもリカバーできます。うっかり日焼けした日には、ローションをコットンにたっぷりとり、コットンパックをしてみてはどうでしょうか?今日の肌ダメージは、今日のうちにケアを!






そこでオススメなのがe-jewelのフェイシャルコースです!

なかなか、ご自宅ではできないケアをしっかりさせていただきます。


限定の炭酸パックやプラセンタパック、ビタミンCイオン導入など、お肌のトラブルにあわせてのケアができます!


是非一度ホームページをご覧ください!



一覧へ戻る